女子高生と援交してしまいました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

それからしばらくは、何も手につかず呆然としてました。
半月前くらいからビキニを着るようになったのです。
個人撮影をしているうちに、いやらしい気持ちになったのです。
そのことばかり考えては溜息をついていたのです。
それにしてもなんだか未だに視線を感じるのです。
そんなある日、珍しく連絡があり会うことになったのです。
一週間前に中出しをした覚えがありました。
まだそんなことを考える余裕はなく、上の空の返事しかできなかったのです。
椅子から下っている白い脚を見られている気がしました。
パイズリしているうちに体が火照りだしたのです。
まったく場違いな書き込みをしてしまったのです。
最近はめっきり、顔出しすることもありません。
当然、返事などもなく、数日が過ぎていきました。
散々変なことをされてきたので、警戒していたのでしょう。
輪姦するつもりで、夜遅く呼び出したのです。
あまりにことが上手く行きすぎるので、少し警戒しました。
微かに白いものを出してしまい、あそこは震えてました。
その後、約束した場所から少し離れて様子を伺ったのです。
全身にくまなくキスしあいました。
髪は肩より少し長く、服装も清楚な感じで落ち着いていていました。
あんなに気持ち良いことは後にも先にも1度だけでしょう。
クリトリスを舐めるためには急がなければならなと思いました。
写真を撮るために、接近したのです。
気が付いたら生挿入していました。
こんなところでM字開脚までしてくれるのが健気でした。
下腹部が急に痛くなって、白い液体が出てきたのです。
15歳ころのは多分楽しかったんでしょうね。
妹はたまらなくセクシーな体つきをしてました。
こうしていると気持ちよくなって痛みが引いていきました。
後で、聞いたところ一目惚れだったそうです。
仕方のないこととして割り切っていました。
マンコを見せてくれてから好意を持つようになったのです。
全く屈託がなく、遠慮なく言えば世間知らずで無邪気でした。
逞しい体が今、視線の先に存在しているのです。
フェラしてもらうことを考えていたのです。
17歳にしては、どちらかというと淡泊なほうでした。
ハメ撮りされることになっても、まったく構わなかったのです。
その後何度もデートを重ねましたが、まだ肉体関係はなかったのです。
しかし目はしっかりとその下半身を見つめていました。
パイズリをしてくれないか聞いてきたのです。
フェラしてもらうことで、性欲が高まりました。
美人であることは誰もが知ってました。
その膨らみから、相当な大きさのものであることは容易に想像できたのです。
軽いと思われたくなかったので、すぐには手を出さなかったのです。
ちゃんと個人撮影しているか確かめたかったのです。
その時、分かったのは思っていた以上に筋肉質な体をしていたということです。
はじめて、Twitterの存在の大きさに気づかされました。
均整のとれた引き締まった体に魅力を感じました。
下腹部が熱くなってくるのを感じていました。
下半身は痛いほど勃起してはち切れそうでした。
何のためらいもなくハメ撮りしました。
胸元は大きな胸が谷間を作っていました。
下半身だけ脱がされて、中出しされたのです。
爽やかに笑うものだから、後の出来事なんて想像出来なかったのです。
久しぶりにパンチラを見たことで手を出したくなったのです。
まさか接写するとは誰も思わないでしょう。
バックの姿勢を維持したまま寝込んでしまいました。
股間がすっかり湿っている感覚に気づいたのです。
友達とすぐ離れ離れになってしまいましたが1人でも楽しんでました。
下着まで濡らしているかもしれない、という予感が頭をよぎりました。
何度やっても入らず、その後何人かの人と試しました。
体を押さえつけられバックで犯されました。
肩肘張らずに気軽に個人撮影しました。
それから、2時間くらい騎乗位でしていました。
成り行きで輪姦してしまったのです。
ただそうなっていない事を願うことしか出来ませんでした。
フェラしてもらって感じまくりました。
ここ数ヶ月で、数え切れないくらいほどの本数のモザイク無しを見てました。
本当なら今すぐ下半身に着ている物を脱いで、指を入れたかったのです。
昨日からずっと我慢していたのです。
寝ようと言われたことで拍子抜けしたような気持ちになったのです。
割り切りの関係で色恋沙汰になったことは一度もありません。
ベッドは一つしかなかったのですが、大きかったので一緒に寝たのです。
このままエッチすべきか、思いとどまるべきか悩んだのです。
暗くした寝室のベッドの上に横になって寝たふりをしてました。
個人撮影をした時の場所を覚えていたのです。
正直に言って、あんな風に感じてみたかったのです。
妊娠したことを知らない者は、おそらくいないでしょう。
そんな大それたことは現実的には無理だと思いました。
初めて、モザ無しを見た日からちょうど一週間がたちました。
どうやら乱交をした経験はあるようでした。
気がかわらないうちにシックスナインしました。
いずれにせよ、これから3Pするつもりでいます。
アナルを舐める前に、綺麗に洗っておいてもらいました。
話を聞く限り、あれだけの快感を与えてくれそうにありません。
時折り太ももを擦り合わせるような仕草をしました。
そんな快感を一生のうちに体験できるのはほんの一握りなのです。
見られて減るもんではないので、気にしないようにしました。
自分の感情を自分で封印して近親相姦しました。
少し離れたところで、丸見えにしていました。
普段とは違う非日常的な会話に困惑してしまったのです。
狭い部屋の中に入って、2人の距離は密着しそうなくらい近くなったのです。
個室には誰もいないので、すぐにパンティーを脱ぎました。
巨乳を触っているうちに気持ちが高まってきました。
いつもと違うベッドだったため、なかなか寝付けなかったのです。
場を盛り上げるために若い子を数人連れてきました。
逞しい体をした男性に抱かれることを望んでいたのです。
夏休みで家に1週間ほど遊びに来ていました。
ぼんやりとさっきまで見ていた夢を思い出していたのです。
パイズリされたら、数秒もしないうちに出そうになったのです。
当時は性のことについて全然無知でした。
お風呂に入ったので、あとは寝るだけでした。
ある日 いつものように幼馴染みと遊んでいました。
とても驚いて、腰を抜かしてしまいました。
今日は疲れたようですぐに寝てしまってました。
まったりと舌を使いながらフェラしてくれたのです。
近づき、手をさしのべてくれました。
その時はまだ、パンツを脱されるとは思ってなかったのです。
見た時に僅かながらの快感を覚えたのです。
30分ほど前に、モロ見えにしたばかりです。
ちゃんと奉仕しないと小便をさせてもらえないのです。
性体験があるせいか、裸になるのも気にならないみたいです。
そのときに、突然馬乗りになってきたのです。
ここまで成長してるとは思わず、嬉しい反面抑えられない性欲が芽生えました。
フェラしてもらいたい気持ちになったのです。
両手を持ち上げ左手で上に押さえつけました。
いきなり中出しをしてしまったのです。
この前、18歳に会ったはずなのに、なぜか記憶が残っていません。
バイブを取り出しても気に留めなかったのです。
運が良ければ、本番しているところを拝めます。
話しをしていたら、お尻を撫でられました。
夜道はとても怖くて、家へと一目散に駆けていきました。
これから流出させると思うと胸が高鳴りました。
左手で器用にシャツのボタンを外したのです。
夢中になって、フェラしてました。
抵抗するのを気にもとめず、音を立てて吸い続けました。
しゃがんでいたのを急に立ち上がって歩き始めました。
会ってからまだ数分しかたってないのに、モロ見えにされました。
この時に、意に反して処女喪失したのです。
右胸を吸っていたのですが、偶然にも右のほうが性感帯でした。
動揺した様子で、その場に立ち上がったのです。
早く下着を変えたかったので急いで帰りました。
スタイルが良いなんて思ったことはなかったのです。
何時間、無料の画像を見ても飽きることはありません。
染みは少し黄ばんでいて生地は固くなっていました。
それがどんなものなのか、想像もつかなかったのです。
無料の画像を見て興奮しました。
美人だったので、ほっとしたのです。
誰もいない、1人暮らしをしている部屋に着いたのです。
フェラしている最中に噛みつかれてとても痛かったのです。
今の刺激で一気に大きなものになってしまったのです。
ハメ撮りするのは、当然だと思っていたのです。
股間にシャワーを当て続けたため快感で脚が痺れてきました。
着替えの下着を拝借しトイレで抜いてしまいました。
片方の手を壁につけ、どこかで体を支えていないと立っていられそうもなかったのです。
当然下着は精子まみれでしたが、そのまま返しました。
股間からは粘液が糸をひきながら滴り落ちていました。
喉に粘っこいものが残っているような感覚がありました。
すでに流出を済ませた後でした。
フェラされているうちに精液が漏れてきました。
少し時間はかかりましたがなんとか気持ちを落ち着かせました。
寝てたので先にお風呂に入りました。
ワレメの周辺を舐めていました。
吸い始めててから一分ほどで下のほうが感じ始めたのです。
深く眠っていて、おしっこを漏らしても目が覚めないのです。
下腹部にはなにか固いものが当たっていました。
突然、下着姿のまま入ってきました。
布団の中に隠れて裏DVDを見ていたみたいです。
その気持ちよさに思わず腰をくねらせました。
嫌がっていると思いきや狭い浴槽に入ってきたのです。
とても可愛かったので、逆さ撮りせずにはいられなかったのです。
早くハメ撮りする方法を知りたかったのです。
泣いて嫌がるので、妊娠させる決心が鈍ってしまいました。
後ろに座り抱きついてきたのです。
そして、下着の上から指で上下に優しく撫でてきました。
この場に留まって、15歳に会うことにしました。
顔は乳房から離れ、下へのほうに移動しました。
緊張しながら、おっぱいを見せたのです。
だいぶ乗ってきたので、顔射することができました。
やりがいという面では若干物足りなさを感じていました。
なるべく歯があたらないようにフェラしてもらったのです。
股を開かされてオメコを舐められました。
いぜん目線を体から逸らしたままでいました。
一時も速く、丸見えして欲しかったのです。
まさか今日、水着姿になるなんて予想もしていなかったのです。
モザイク無しを見たい願望がありました。
押しに弱いタイプみたいなので、もうちょっと強引に誘っても良さそうです。
パイパンを見て性欲が強まりました。
なんと見覚えのあるロリ顔だったのです。
嫌がる間もなくしこしこされたのでそのまま流れに乗って始めました。
スカートを捲りあげて、ゆっくりと脚をM字に開きました。
その日は寄り道せずにまっすぐ帰ってきたのです。
膝を抱えながら、パンツを見ていました。
乱交するのは、とても久しぶりだったのです。
今日は告白するためにここに来たのです。
あそこに指を入れてみましたが、すごい締りがよくかなり感じていました。
ずっと前から、その気持ちに気づいていました。
激しく腰を振られたので体位を変えることなく出してしまいました。
注意されていたにもかかわらず巨乳を見せてしまいました。
顔射されて垂れてきた精液を舐めました。
息を乱していましたが、ふと我にかえりました。
舌で転がすようにフェラしてくれたのです。
身に着けていた衣服をすべて脱いだのです。
普通にするのも飽き足らず、人気のいないところで抱き合いました。
スカートを捲ってTバックを脱ぎ始めました。
一瞬たりとも微動だにせず乳首を見つめていました。
それから少ししてから、更衣室から出てきたのです。
トイレなどいろいろな場所で楽しみました。
渡されたTシャツだけを着た姿で現れたのです。
モロ見えにしたら、明らかに態度が変わりました。
クンニしたがっていることは明らかでした。
Tシャツを引っ張って隠そうとしている姿を、いやらしい目で見つめていました。
ちょうど、モザイク無しを見て盛り上がっていたところです。
熟睡していたのでパンツを脱がして性的な悪戯をしました。
もう人生で二度とない最も激しくて淫乱な体験をしたのです。
無料の画像を見ることを意識するようになったのです。
その言葉に対して、ほほえみながらキスを返しました。
イマラチオした時のことは部分的にしか覚えていません。
いやらしい音が響き渡り、それを聞いて余計に興奮してしまいました。
出会った人の中には、色んな要求をする人もいました。
口内射精をしようとしていることを、まだ気付いてないようです。
再び、おまんこを見せていました。
薄暗かったので、心配することなくエロいことができたのです。
びっくりするぐらい硬くて、とても太いものでした。
16歳とキスしたことで理性がぶっ飛んだのです。
手を握りながら腰をふってくれました。
だから、そういう物に抵抗はありませんでした。
その視線が集中していることに、さすがに鈍感でも気付いたのです。
可愛いい唇オ尖らせながらフェラしてくれました。
今日の様子では、そんなに時間はかかりそうもありません。
人の心を掴むのがとても上手でしたが、あれは下手でした。
注意深くしていたのは最初の頃だけで、しだいに集中力がなくなっていきました。
ホテルに誘われましたが、結局それは断ってしまったのです。
ちょっと戸惑っていましたが、できる限り尽くしました。
その後、相性が凄く良かったとか、もう一回会いたいと言われました。
何時間かを見続けると確実に感じてきます。
昨日から今日にかけて目にしてきたのを、もう一度、想像してみたのです。
身を委ねているだけでは、悪いなと思い体を逆にしました。
今度会う時はローターを持ってくると約束しました。
ちょうど口を開けていたので、口内射精しました。
クリを愛撫したことが刺激になったようです。
女子高生と援交したい感情を自分で封印してしました。
/(-_-)\